開発を依頼する|家の疑問は不動産会社にお任せ|お得な家売却プラン

家の疑問は不動産会社にお任せ|お得な家売却プラン

家の模型

開発を依頼する

模型を持つ人

建築や土木、開発など総合的にこれを請け負う会社はゼネコンと呼ばれています。橋梁工事やトンネル工事、ビル建設、住宅建築、その他の全ての建設を設計段階から受け持つことになります。どちらかというと第三者機関として監理されることも無いためにある程度の融通性も残されています。その為に設計変更を行ってその都度それに合わせて施工するということも出来てしまうために最終の施工が図面になる可能性もあります。下請業者との連絡も密にとっていないと、時間の余裕がなくなった場合に例えばスリーブ位置を把握しないというニュースになったようなことも起こり得ます。設計管理にはそれだけ仲間内という関係に甘えられない体質も持っていますので注意する必要があります。

建築設計事務所が建物の設計を行う場合には施主との打ち合わせの上で設計図書を作成し、役所には建築確認申請を行うことになります。設計事務所は施工業者の中から心当たりのあるところ数社に見積依頼し、その中で予算と折り合いがつき、施工技術も優れているところに依頼することになります。そしてその監理については別料金で請け負うことになり、設計管理ではなく設計監理の漢字のほうが使われます。よって施工の場合は施工監理ではなく施工管理になります。施工会社や建築事務所では管理建築士を置くことになっていますが、施工が図面通りに上手く行われているかどうかを管理する場合は設計管理と呼ばずに監理という言葉が使われます。ちなみに施工会社の4つの管理という言葉があり、安全管理と品質管理、原価管理、工程管理という施工管理があります。設計監理と設計管理は間違いやすいので覚えておくべき用語です。